アントレプレナーファクトリー

加藤洋平氏が紐解く
「インテグラル心理学」

6回セミナー動画&音声ファイル250

心理学を統合的に学習したい方、コンサルタントやマネージャーとして対人支援にあたる方へ。心の複雑さ・可能性・能力の成長について、探求を広げ深めるナビゲートをしていきます。

人の「心理」や「成長発達」を統合的な視点で学ぶ

多様な視点能力を獲得する世界3大メタ理論の1つ「インテグラル理論」。

 

 その理論を駆使して、人の心理や成長発達を紐解いていく書籍『インテグラル心理学』が2021年初頭に発売され大変注目を集めました。

人の内面を多面的·包括的に深掘り、

人類がどのような道筋を辿って発達変容していくのか?

健全な発達変容を促すためには何ができるのか?

 

そのような論点をまとめた書籍『インテグラル心理学』をベースに開催された

全6回のセミナーアーカイブ・加藤氏による250本の音声ファイルで、

人の「心理」「成長発達」を統合的な視点で学習できるコンテンツを企画しました。

加藤洋平氏が紐解く
「インテグラル心理学」
6回セミナー動画&音声ファイル250

「enfacインテグラル心理学」

加藤氏と共に学ぶ書籍『インテグラル心理学』全6回のセミナーアーカイブと250本のオリジナル音声コンテンツ

実際のコンテンツの一部をご紹介

音声ファイルサンプル「心理的投影とヨナコンプレックス」

CONTENTS

音声コンテンツ一覧

音声コンテンツ

00

イントロダクション

音声コンテンツの活用の仕方

01

オリジナル音声ファイル①

1:本書の位置付けと価値(その1)
2:本書の位置付けと価値(その2)
3:一連の音声ファイルの活用方法
4:第2回の読書会に向けて
5:さらなる学習に向けて
6:第1章のポイント(その1)
7:第1章のポイント(その2)
8:第2章のポイント
9:第3章のポイント
10:第1-3章の注記の見どころ
11:soft stagesとhard stagesの違いに関する補足
12:日本であまり知られていないオットー・ラスキー博士の発達モデルについて
13:3大メタ理論の提唱者ロイ・バスカーについて(その1)
14:3大メタ理論の提唱者ロイ・バスカーについて(その2)
15:4つの象限の行き来とメタ認知について
16:クワドラヴィアについて
17:aperspectival madnessについて
18:認知的発達と時間意識の発達_エリオット・ジャックスの発達論の観点より
19:時間意識に関するお勧め映画_『メッセージ(2016)』
20:時間意識に関するお勧め映画_『人間の時間(2018)』
21:時間意識に関するお勧め映画_『コーヒーが冷めないうちに(2018)』
22:インテグラル理論を学び、実践するに際しての注意
23:高度な段階を理解することと高度な段階に到達することの違い
24:統合的意識とは変容を促す健全な批判意識である
25:発達倫理を養うために
26:発達の規範性に関する問いかけ
27:錬金術・魔術・占星術・宗教?
28:超心理学について
29:映画が 持つ治癒・変容効果について
30:第3層の世界観を扱ったお勧め映画『APPLESEED アップルシード(2004)』
31:第3層の世界観を扱ったお勧め映画『APPLESEED アップルシード(2004)』
32:テクノロジー社会において意識すべき“IOU(Incomplete Or Uncertain)”の原理
33:健全な自己愛と病理的な自己愛
34:最大の幅と深さで目覚めること
35:視点による癒しと変容効果
36:アカデミックの世界においてインテグラル理論がどのように扱われているかの現状(その1)
37:アカデミックの世界においてインテグラル理論がどのように扱われているかの現状(その2)
38:アカデミックの世界においてインテグラル理論がどのように扱われているかの現状(その3)
39:ざわつきを感じること・ざわつきを見ること
40:ウィルバーの5つの思想・活動区分(その1)
41:ウィルバーの5つの思想・活動区分(その2)
42:ウィルバーの5つの思想・活動区分(その3)
43:ウィルバーの5つの思想・活動区分(その4)
44:ウィルバーの5つの思想・活動区分(その5)
45:ウィルバーの5つの思想・活動区分(その6)
46:「永遠の哲学」_存在の大いなる入れ子
47:4つの妥当性基準
48:機能的適合性の罠
49:「テトラエンアクトメント」「テトラメッシュ」とは
50:フラットランドについて

 

51:粗大な還元主義と微細な還元主義
52:前後の混同(前超の虚偽)について
53:知の創出方法に関する3つの手順について
54:「発達は善なるもの」という仮定への注意(その1)
55:「発達は善なるもの」という仮定への注意(その2)
56:「教育的権威(teacherly authority)」と「発達的マウンティング」の違い
57:「教育的権威(teacherly authority)」という言葉の誕生背景
58:インテグラル理論に内在する「救済論(soteriology)」的発想への注意
59:インテグラル理論を通じて見る様々な誤謬
60:コールバーグ学派について
61:コールバーグ学派とフランクフルト学派の双方に属するオットー・ラスキー博士について
62:フランクフルト学派と発達の規範性
63:発達に関する雑感と個人的な体験_
64:尾崎豊の楽曲をインテグラル理論を通じて味わってみよう
65:”We” Intelligenceについて
66:個的ホロンと集合ホロン
67:”Dominant Mode of Resonance”の補足
68:チームや組織の意識の発達と経営数値との関係について
69:第2層・第3層の全体把握能力の違いについて
70:高度な認識世界の探究について
71:エロスとフォボス、アガペーとタナトスについて
72:能力レベルとタスクレベルの齟齬がもたらす種々の問題
73:タスクやロールの複雑性を分析する方法
74:インテグラル理論を学習することに関する能力レベルとタスクレベル
75:表層構造と深層構造の違い
76:置換と変容の違い
77:レクティカが測定する複雑性の3つの階層構造
78:レクティカが測定する複雑性の3つの階層構造とバスカーが提唱するリアリティの3層構造の対応関係
79:自己システム・文脈依存性・タスク依存性
80:発達科学のパラダイムの変遷に応じて生まれる新たなメタファー(その1)
81:発達科学のパラダイムの変遷に応じて生まれる新たなメタファー(その2)
82:3つの意識階層に対応する3つのコンプレックス
83:垂直分析と水平分析の重要性
84:個人や組織に対する水平方向の成長支援
85:改めてシャドーとは?
86:ドリームジャーナルの勧め
87:夢を解釈するだけではなく、再体験することの大切さ
88:トランスパーソナルな段階について(その1)
89:トランスパーソナルな段階について(その2)
90:目覚めの体験とトランスパーソナルなもの
91:相対的リアリティと絶対的リアリティ
92:問題解決とヴィジョン・ロジック及びトランスパーソナルな認識
93:ピアジェの発達の原理と仏教経済学の労働の定義の関係性
94:フラットランド化した経済学と経済学のシャドー
95:非二元の発想と仏教経済学
96:仏教経済学の労働観と経済学のシャドーを乗り越えるために私たちにできること
97:シューマッハの発想とブロックチェーン技術の発想の共通点
98:「不在の不在化」と発達
99:「不在の不在化」と「具体的理想主義」
100:自律性と協調性
101:カネの相対性と絶対性について

02

オリジナル音声ファイル②

102:第2回の読書会を終えての所感
103:第3回の読書会に向けて
104:第4章のポイント
105:第4章に関する初級課題・中級課題・上級課題
106:タイプ論に関する2つの問いと実践上の勧め
107:スパイラル・ダイナミクスに関するよくある質問
108:ロイ・バスカーのメタ理論に関するお伺い
109:ロイ・バスカーのメタ理論に関する補足
110:複雑動的な存在としての人間
111:傾向分析としての平均の有用性と平均の罠
112:平均と意識の重心
113:平均と意識の重心
114:発達に関する規範性と中土井さんとの7月のセミナー
115:統合的発想の罠
116:オーセンティックな自分でいるために
117:油と身体、油と意識変容
118:ジェニー・ウェイドの発達理論の興味深い点
119:ジェニー・ウェイドの発達理論に関する補足
120:発達の文化的インフラを整えるためのインテグラル理論
121:ウィルバーとバスカーの理論が果たす共通の役割
122:魂とスピリットの違いとは?
123:魂とスピリットと色と空
124:高次元の発達段階と隣接自己・遠隔自己
125:人類の発達と発達段階の現れ方
126:ホラーキー・ヒエラルキー・ヘテラーキー
127:形式的操作段階を超えていくことについて
128:今の自分には解決できない問いや課題との向き合い方
129:意味を構築することへの囚われについて
130:発達段階の高まりと夢の内容と解釈の変化
131:発達段階の高まりと夢の内容と解釈の変化
132:発達ラインの切り口と変数について
133:創造性の発達と創造性の発達に関する研究者
134:ハワード・ガードナーの創造性研究について
135:加齢と発達ライン
136:カート・フィッシャーの発達理論と能力開発
137:瞑想的な意識状態と発達段階
138:死と再生としての発達プロセスとトラウマ
139:自分の身体を取り戻すためのグロスボディのトレーニング
140:有酸素運動と無酸素運動
141:通時的・共時的な発達プロセス
142:トレーニングと休息
143:オーガニック食品を取り巻く日米欧の比較
144:トレーニングと食事

 

  • 145:黒沢清監督『贖罪(2012)』という作品について
    146:集合的なシャドーを認識することの大切さ
    147:成人発達理論とインテグラル理論のシャドー
    148:ティモシー・リアリーの言葉“Turn On, Tune In, Drop Out”について
    149:鈴木規夫さんの出版記念セミナーを終えて
    150:オレンジ段階の知性が持つ価値の
    151:発達モデルを提示することの注意点
    152:発達モデルを提示することの注意点
    153:「『人間は発達していく』という夢」の可能性
    154:成人発達理論の存在意義(その1)
    155:成人発達理論の存在意義(その2)
    156:心理的安全性を確保する際に意識するべきこと
    157:成長・発達にまつわる現代の世界観が変化するとどのような社会が到来すると考えられるか?
    158:成長の効率や速度を求めてしまう要因とは?
    159:変わりたいけど変われないと思い込んでいる組織の変化・成長をどのように促すことができるのか?
    160:成長への意図がもたらす成長の質と持続可能性
    161:有機的な成長について
    162:金銭的価値を追求する現代の状況について
    163:文明批判に深い洞察を加えたフロイトの功績
    164:成長の意義や成長速度について考えさせてくれる『ジャック(1996)』という作品
    165:ティール組織のモデルが普及したことによる功罪
    166:果たして人の意識は進化しているのか?
    167:発達段階モデルを使って人事制度や教育体系を構築する際の注意点
    168:支援者のあり方がもたらす影響について
    169:マネーとテクノロジーによる制約の具体例
    170:スポーツから学ぶ知性や能力の成長
    171:一橋大学サッカー部監督戸田和幸氏への注目
    172:「政治悪学(political ponerology)」とは
    173:日本に蔓延る「パソクラシー(pathocracy)」
    174:成長・発達とロールモデル
    175:アニメや映画が持つ未来の記憶と予見的プログラミング
    176:シャドーワークとインナーワークの不足を補うために
    177:心理的投影とヨナコンプレックス
    178:自他の問いに注意深くなること
    179:モードの切り替えとリズムをもたらす運動の効用
    180:社会のシャドーと向き合うこと
    181:宇宙開発とゾーニング問題
    182:アメリカで深刻化するオピオイド問題
    183:オレンジ_グロスからオレンジ_サトルへ
    184:発達理論・インテグラル理論から見る新興宗教の論理と問題

  • 185:発達理論・インテグラル理論から見る新興宗教の論理と問題

    186:発達理論・インテグラル理論から見る『進撃の巨人』

03

オリジナル音声ファイル③

187:鈴木規夫さんと開発中の発達理論の可能性を徹底検証するプログラムについて
188:特別ゲストとして訳者の門林奨さんを迎えて
189:コロナがもたらした種々の危機と可能性
190:コロナがもたらした種々の危機と可能性
191:「不合理ゆえに我信ず」
192:第5章のポイントと取り組んでいただきたい問い
193:第6章のポイントと取り組んでいただきたい問い
194:第7章のポイントと取り組んでいただきたい問い
195:第4回の読書会に向けて
196:陶山祐司さんとの対談セミナーについて
197:女性性の発達について
198:出産育児とトランスパーソナル段階への移行
199:加藤氏のデコボコのボコ
200:スパイラルダイナミクスとスピリチュアリティ
201:近接自己と意識の進化について
202:「脱同一化」と「統合化」について
203:エニアグラムについて
204:タイプ論に関する補足と「欲求圧力分析」について

 

  •  

動画コンテンツ

01

インテグラル心理学セミナーアーカイブ

第1回インテグラル心理学セミナー

第2回インテグラル心理学セミナー

第3回インテグラル心理学セミナー

第4回インテグラル心理学セミナー

第5回インテグラル心理学セミナー

第6回インテグラル心理学セミナー

PLAN&PRICE

学習プラン・料金

enfacインテグラル心理学

全6回のセミナーアーカイブと

250本の音声コンテンツ

¥49,800/ID

※視聴期間は5年となります

コンテンツ内容

・『インテグラル心理学』セミナー

・全6回アーカイブ

・音声ファイル:250本

 

 

 

注意事項

①ID発行は申込日の翌営業日に行われます。

②支払い方法はクレジット決済のみです。

③ご契約の際は利用規約を必ずご確認ください。

フルパッケージプラン

「インテグラル理論」「成人発達理論」を

合わせて学習したい方へ

¥75,000/ID

※視聴期間は5年となります

コンテンツ内容

・40代・50代からの「能力の成長」:165本〜

・enfacインテグラル理論:70本〜

・『インテグラル心理学』セミナー 

 全6回アーカイブ

・音声ファイル:250本

注意事項

①ID発行は申込日の翌営業日に行われます。

②支払い方法はクレジット決済のみです。

③ご契約の際は利用規約を必ずご確認ください。

DEVELOPER

講師・出演者の紹介

講師

加藤 洋平

知性発達学者

発達科学の最新の方法論によって、企業経営者、次世代リーダーの人材育成を支援する人材開発コンサルタント。
一橋大学商学部経営学科卒業後、デロイト・トーマツにて国際税務コンサルティングの仕事に従事。退職後、米国ジョン・エフ・ケネディ大学にて発達心理学とインテグラル理論に関する修士号(MA.Psychology)、および発達測定の資格を取得。オランダのフローニンゲン大学にてタレントディベロップメントに関する修士号(MSc.Psychology)、および実証的教育学に関する修士号を取得(MSc.Evidence-Based Education)。

 

人間発達と学習に関する研究の成果をもとに、人財開発コンサルタントとして大手企業の人財育成プロジェクトを支援するためにラーニングセッションや成長支援コーチングを提供。また、知性発達科学の理論をもとにした能力測定のアセスメント開発にも従事。

 

著書:『インテグラル理論 多様で複雑な世界を読み解く新次元の成長モデル』『リーダーシップに出会う瞬間:成人発達理論による自己成長のプロセス』『成人発達理論による能力の成長:ダイナミックスキル理論の実践的活用法』『なぜ部下と上手くいかないのか:「自他変革」の発達心理学』

出演者

嶋内 秀之

株式会社アントレプレナーファクトリー 代表取締役

1996年立命館大学経営学部卒業、オリックスに入社。2002年より7年間オリックス・キャピタル大阪支店にてベンチャー投資業務に従事。
2004年神戸大学大学院経営学研究科修了(MBA)。
2009年より9年間立命館大学経営学部・同大学院の講師を務める。 2009年より アントレプレナーファクトリーを創業し、ベンチャー企業向けオーダー型教育に取り組む。2012年には本社に映像スタジオを併設し動画ラーニング事業を開始。2015年には起業tvを本格稼働。
2018年よりスタートアップサイエンスの動画サービスの企画・運営を推進する。2011年からサポートし、2013年から監査役を務めるクックビズが2017年11月に東証マザーズに上場。
地方から成長を目指す企業に対して、知識の提供を通じて成功を加速させることを自らのミッションとする。

Q&A

よくある質問

Q. 動画の視聴環境は何ですか?

A. 弊社が持つLMS(学習管理システム)です。PC・スマホ・タブレット等マルチデバイスで視聴可能です。

Q. 1つのIDで複数名使うことは可能ですか?

A. ID の使い回し、第三者への譲渡・貸与は禁止です。チームや社内で利用する場合は1人1IDの付与となります。

Q. 動画視聴はいつからできますか?

A. 購入後すぐに視聴を開始することができます。

Q. 請求はどのタイミングから発生しますか?

A. 初回の支払いは、クレジットカード決済の場合、クレジットカード会社の規定に沿って請求されます。

ご質問・ご相談等、お気軽にお問合せください

導入方法の設計やご不明な点、効果的ない利用法など、お気軽にお問合せください。
専門スタッフが詳しくご説明いたします。