アントレプレナーファクトリー

ストレングスファインダーを使って自分の強みを知ろう

2021.10.01 NEWS

1. ストレングスファインダーを知る

「自分の強みがわからない」という悩みを抱えている方は少なくないのではないでしょうか。そのような方におすすめなのが、今回紹介する” 自身の才能・資質を明らかにしてくれるツール“ストレングスファインダーです。自身の強みを認識し、日常生活に活かしていきましょう。

1-1. ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーとは、アメリカのギャラップ社によって開発された才能診断ツールのことです。ストレングスファインダーは全世界で活用されており、2019年の3月時点で受験者は2000万人を超えています。
その内容は177個の質問に答えると、34種類の資質の中から自分自身に最も当てはまる5つの資質を提示してくれるというものです。

34種類の資質は大きく4つに分類され、それにまつわる細かい資質があてはめられています。

1. 実行力の資質:物事を達成しようとする力。

・アレンジ
・回復志向
・目標志向
・信念
・慎重さ
・責任感
・達成欲
・目標志向
・規律性

2. 影響力の資質:周囲を巻き込む力。

・コミュニケーション
・競争性
・自我
・社交性
・自己確信
・最上志向
・活発性
・指令性

3. 人間関係構築の資質:チームとしての力を最大限に発揮できる力。

・運命思考
・共感性
・成長促進
・適応性
・個別化
・親密性
・包含
・ポジティブ
・調和性

4. 戦略的思考に資質:物事を論理的にとらえる力。

・原点思考
・戦略性
・着想
・内省
・収集心
・学習欲
・未来志向
・分析思考

以上がストレングスファインダーの34の資質です。この中から最も当てはまる資質トップ5がわかるのですが、自分と同じ結果の人は3300万人に1人というくらい個人に合わせた診断内容になっているのも特徴です。

  1-2 ストレングスファインダーの受け方

では、実際ストレングスファインダーを受けるにはどうすればよいのでしょうか。
受験方法は3つあります。

①  アクセスコードが付いている書籍を購入する
・トム・ラス『さあ、才能に目覚めよう 新版』(日本経済新聞出版)
・トム・ラスほか『ストレングス・リーダーシップ』(日本経済新聞出版)他

②  ギャラップ社の公式サイトでアクセスコードを購入する
分析の細かさによってアクセスコードの値段が異なるため、用途にあったものを購入してみてください。

③  公式アプリでアクセスコードを購入する

iPhone、androidともにアプリストアからダウンロードが可能です。

以上3つが主なストレングスファインダーの診断方法です。
診断には30分前後の時間を要し、購入方法により差はありますが費用は2000円程度です。

2. ストレングスファインダーのメリット

ストレングスファインダー診断をすることによってどのようなメリットがあるのでしょうか。
それは、
① 自分では気づいていない才能を見つけることができる
② 可能性が広がる
③ 周囲を受け入れられる・俯瞰的に見られる
の3つです。

① 自分では気づいていない才能を見つけることができる

自分自身の才能や強みを自分自身で自覚するのは案外難しいものです。
診断を受けることで、客観的な視点からみた自身の資質を見つけられるため、今まで気づくことができなかった強みを探しだすことができます。

② 可能性が広がる

年齢を重ねていくにつれて自分に合っている役回りや立ち位置を決めてしまいがちです。ただ、実際はもっと自分に合った役回りや立ち位置があるかもしれません。診断を受けることによって、決めつけていた自分の可能性が広がることもあります。

③ よりよい組織運営ができる

自己分分析にとどまらず、周囲の人の資質を知ることで多角的な考えを引き出すことができたり、異なる資質を持つ人同士を組み合わせバランスのよいチームづくりができたりします。これは組織として最大のパフォーマンスをすることにつながるため、組織運営をする上でもメリットがあるといえます。

ストレングスファインダーは個人の能力向上にとどまらず、組織向上にも繋がることがイメージいただけたでしょうか?

3. ストレングスファインダーを深く学ぶ

ここでは、ストレングスファインダーの概要についてお話してきました。
では実際、テストを受けたあとどのような行動をとればよいのでしょうか。

ストレングスファインダーを受講したことがある方・ストレングスファインダーの結果を実践に活かしたい方・メンバーが持つ資質を活かし、チーム運営に応用したい方といったより深くストレングスファインダーを学びたい方におすすめなのが、こちらのコンテンツです。

いつでも、どこでも視聴可能な動画コンテンツですので、お忙しい方でも学びを深めることができます。ストレングスファインダーを受けるだけではなく、その結果をどう活かすか一歩踏み込んで考えてみましょう。

4. ストレングスファインダーで強みを発揮しよう

自分自身を理解するということは容易ではありません。ストレングスファインダーは、今まで気づくことができなかった資質を知る手助けをしてくれます。

資質を知ることは強みを知ることにつながるという話をしてきましたが、資質が必ずしもプラスの方向に働くとは限りません。何事にも二面性があるように、資質もかえってマイナスな方向に働く場合もあります。自身の資質を理解し、意識することは資質をうまく活かすことにつながります。ストレングスファインダーを活用して、個人としても組織としても強みを発揮していきましょう。

Share: