fbpx

広報基礎・実務

経営戦略として機能させる
広報活動とは

こんなお悩みありませんか?

01

広報活動をしたいが
何をするか分からない

02

メディアにでるだけで
いいのか疑問

03

経営戦略として
広報活動を行いたい

成功する広報活動のパターンや成長ステージ別に求められる戦略を知ることで、
自社の事業や組織にあった広報活動ができるようになります。

『広報基礎・実務 
   -経営戦略として機能させる広報活動とはー

『広報基礎』は、会社を成長させていく鍵となる動画コンテンツです。広報業界で長く活躍する専門家の解説により、スタートアップ・ベンチャー・中小企業が知るべき知識を体系的に学習できます。

このような方が学んでいます

①広報担当者・広報になりたい方

②経営幹部・経営企画室など戦略立案者

③広報部門に提案・営業をされる方

この学習で期待される効果・特徴

①成長ステージにあった
広報戦略がわかる

②広報活動の幅と深さが
理解できる

③事例やニュースの見方が
変わる

実際の動画コンテンツの一部をご紹介します

動画コンテンツ一覧

経営者コース

Ⅰ:広報とは

  • 広報の目的
  • 事業広報(モノ)
  • 採用広報(ヒト)
  • 社内広報(ヒト)
  • IR(カネ)

Ⅱ:成功するスタートアップ・ベンチャー企業での広報活動

  • 成功ベンチャー企業の広報活動の共通点
  • 共通点1:設立当初から広報活動に着手
  • 共通点2:トップ・経営陣と広報の距離が近い
  • 共通点3:関連部門と広報の情報共有や連携が密
  • 共通点4:広報活動が経営戦略と一体化
  • 共通点5:メディア露出をKPIに置いていない

Ⅲ:成長ステージ別に求められる広報戦略

  • 企業の成長ステージ
  • 創業期
  • 事業確立期
  • 成長期・変革期
  • 第二成長期

Ⅳ:広報体制の構築

  • 広報組織の位置づけ
  • 広報担当者の採用と育成
  • 外部パートナーの活用
  • 広報活動における経営者の役割

Ⅴ:QA

  • 広報活動で上手だと思う経営者・企業を教えてください。
  • 逆に、よくあるいまいちなパターンを伺えますか?
  • なぜメディアは記事を書くのか?
  • メディアリストを作ろう
  • 経営者と広報の距離を何で測ればいいか?
  • 広報を中途採用するか社内でゼロから育成するか、何を基準に判断すればいいか?

Ⅵ:メディアリレーション

  • 広報担当はメディア担当者ではない
  • メディアコミュニケーションはプレスリリースだけではない
  • なぜメディアは記事を書くのか?
  • メディアリストを作ろう
  • プレスリリース
  • ニュースレター/メディアプロモート資料
  • 記者発表会/記者会見
  • 取材
  • 勉強会/懇親会/寄稿
  • どのように広報活動の効果を測るのか?
  • クライシスコミュニケーションについて

Ⅶ:IR(投資家向け広報)

  • IRとは
  • 上場するとはどういうことか
  • 上場準備時(IPO前後)の広報活動
  • IRの仕事
  • PRとIRの連携

担当者・志望者コース

Ⅰ:広報とは

  • 広報とは何か
  • 広報担当者の役割
  • 事業広報(モノ)
  • 採用広報(ヒト)
  • 社内広報(ヒト)
  • IR(カネ)
  • コーポレートブランディング

Ⅱ:成功するスタートアップ・ベンチャー企業の広報活動

  • 成功ベンチャー企業の広報活動の共通点
  • 共通点1:設立当初から広報活動に着手
  • 共通点2:トップ・経営陣と広報の距離が近い
  • 共通点3:関連部門と広報の情報共有や連携が密
  • 共通点4:広報活動が経営戦略と一体化
  • 共通点5:メディア露出を KPI に置いていない

Ⅲ:成長ステージ別に求められる広報戦略

  • 企業の成長ステージ
  • 創業期
  • 事業確立期
  • 成長期・変革期
  • 第二成長期

Ⅳ:広報体制の構築

  • 広報組織の作り方
  • 広報活動の進め方
  • 外部パートナーの活用
  • 広報パーソンとしてのキャリア構築

Ⅴ:QA

  • 経営者とは会えるのですが、上手く対話ができません。良いコミュニケーションをするポイントはありますか?
  • 勉強を深めたいのですが、アドバイスを頂けますでしょうか?
  • 未経験者が広報担当になるにはどうすればいいでしょうか?
  • ステークホルダーごとに、何か関わり方で気をつけるべきことはないか?
  • ゼロから記者開拓する場合、どのように繋がりを広げていけばいいか?

Ⅵ:メディアリレーション

  • 広報担当はメディア担当者ではない
  • メディアコミュニケーションはプレスリリースだけではない
  • なぜメディアは記事を書くのか?
  • メディアリストを作ろう
  • プレスリリース
  • ニュースレター/メディアプロモート資料
  • 記者発表会/記者会見
  • 取材
  • 勉強会/懇親会/寄稿
  • どのように広報活動の効果を測るのか?
  • クライシスコミュニケーションについて

Ⅶ:IR(投資家向け広報)

  • IRとは
  • 上場するとはどういうことか
  • 上場準備時(IPO前後)の広報活動
  • IRの仕事
  • PRとIRの連携

PRICE

経営者コース

対象:経営者

税込12,000円/3ヶ月

担当者・志望者コース

対象:1~3年程度の広報担当者・広報志望者

税込12,000円/3ヶ月

講師紹介

真鍋 順子

立命館大学産業社会学部卒業。 証券会社にて営業を担当後、カナダに留学しマーケティングを専攻。帰国後、IR支援会社にて、IT・食品・総合商社・不動産など幅広い業種・規模のIRコンサルティングに従事。 約12年間、IT関連企業の広報IR担当として、IPOやメディア・株主投資家対応、開示資料・広報IRツール作成など、社内外への情報発信に関わる全業務を主幹。 2017年4月、仕事の傍ら、日本初の広報専門職大学院である社会情報大学院大学に1期生として入学。「スタートアップ・ベンチャー企業を成功に導く広報戦略」をテーマに修士論文を執筆し、2019年3月修了。 2019年6月、異業種のBAKEにジョイン。副業として、スタートアップの広報顧問も担っている。

collabo合同会社 代表社員

徳田 匡志

大学卒業後外資系ゲーム機のローンチPRプロジェクトに参画。その後、複数のインターネット領域の上場企業で広報・IR(投資家向け広報)の責任者を務める。スタートアップを経てフリーランスになり、2018年2月にcollaboを設立。 クラフトコーヒーやクラフトアイスクリームなどの飲食業界、店舗/商業施設のデジタル化を促進するテクノロジー企業において、広報/PRやイベントなどコミュニケーション領域についてのコンサルティングや事業開発をサポート。

よくある質問

動画の視聴環境は何ですか?

弊社が持つLMS(学習管理システム)です。PC・スマホ・タブレット等マルチデバイスで視聴可能です。

1つのIDで複数名使うことは可能ですか?

ID の使い回し、第三者への譲渡・貸与は禁止です。チームや社内で利用する場合は1人1IDの付与となります。

解約手続きはどのように行うのですか?

サービス上所定のURL から解約手続きを行います。

請求はどのタイミングから発生しますか?

初回の支払いは、クレジットカード決済の場合、クレジットカード会社の規定に沿って請求されます。

ご質問・ご相談等、
お気軽にお問合せ
ください

導入方法の設計やご不明な点、効果的な利用法など、お気軽にお問合せください。
専門スタッフが詳しくご説明いたします。