fbpx

オフィス衛生管理

オフィス衛生管理

 ー各職場で必ずすべき感染予防ー

-専門家による知識と実践のオンライン動画24本-

社員の皆さんはご存知ですか?

01

オフィスの感染予防の
ポイントは?

02

通勤時に意識すべきことは?

03

マスクの適切な使い方は?

感染原因の知識と衛生管理の実践方法を知ることで、
オフィス内においてのリスクを大幅に下げることができます。

『オフィス衛生管理 
        ー各職場で必ずすべき感染予防ー

『オフィス衛生管理 ー各職場で必ずすべき感染予防ー』は、感染予防の知識と実践方法を学習できる動画コンテンツです。経験豊富な専門家による24コンテンツで、オフィスにおける衛生管理のノウハウを社内に浸透させます。 1本あたり3~8分程度の短い動画で、スキマ時間に手軽に効率よく学習することができます。

想定する受講者

①全従業員

②協力会社スタッフ

③人事・管理スタッフ

※企業研修として社内利用検討の方はこちらから。数量割引が可能です。こちらからお問合せください。

学習メリット

①従業員間の感染リスクの低下

衛生管理の知識・ノウハウを浸透させ、実践することで、従業員間の感染リスクの低下につながります。

②安心安全な環境の心理的効果

専門家による正確なオフィスの衛生管理方法を学習できるので、不確かな情報を鵜呑みにするリスクを防ぐことができます。

③衛生的な空間の維持

実践することで、従業員間のリテラシーが向上し、継続して清潔感のある環境を維持することができます。

実際の動画コンテンツの一部をご紹介します

動画コンテンツ一覧

Ⅰ:オフィス衛生管理の全体像

  • オフィスの感染予防のポイント
  • ウイルスとはそもそも何?
  • ウイルスをやっつけるために必要なこと
  • オフィスで使えるツールには何がある?

Ⅱ:手洗い・うがい

  • 手洗いの方法を習得する
  • 手を消毒する方法を習得する
  • 手荒れの対処法
  • うがいにはどんな効果があるか?
  • 正しいうがいの方法を習得する!

Ⅲ:消毒剤の有効活用

  • 塩素系の消毒剤も活用できる
  • アルコール消毒剤はどのようなものを使うべき?
  • アルコール消毒剤は手以外のどこに使うべき?
  • 塩素系の消毒剤はどのようなものを使うべき?
  • 塩素系の消毒剤はどこに使うべき?

Ⅳ:マスクと共有空間

  • マスクの適切な使い方を習得する
  • マスクを再利用するにはどうすれば良いのか?
  • 通勤時に必要な対策の意識
  • 共用するものを減らし、ルール化する
  • 空気のコントロールで環境を改善する
  • 普段していないことはできない

Ⅴ:Q&A

  • 食事の際の注意点は?
  • 打合せ・会議の際の注意点
  • オフィス消毒の効果
  • ドアノブの消毒のポイント

PRICE

社員一人一人に視聴IDを付与したい企業様へ

衛生管理テスト・修了証付き
動画コンテンツ

月額1,980円/名

※数量割引があります。具体的に導入をお考えの企業様はフォームに数量の記載をお願いします。

講師紹介

株式会社Smart Presen 代表取締役

新名 史典

1971年生まれ。大阪府立大大学院卒業後、洗浄剤・殺菌剤メーカーのサラヤ(株)にて営業、商品開発、マーケティングに約15年従事。その間、一貫してわかりやすい衛生教育のあり方に取り組む。

2011年10月、日本唯一のプレゼンテーション専門のコンサルタント会社である、株式会社Smart Presenを起業し、企業研修やセミナー講師としてフル稼働している。また日本HACCPトレーニングセンター幹事として、衛生教育のテーマにも意欲的に取り組んでいる。

 – FAQ –

よくある質問

Q.動画コンテンツは定期的に変わりますか?
A.定期的にメンテナンスを行い、新しいテーマの動画も随時追加していく予定です。

Q.企業研修でまとめて使えますか?
A.お使いいただけます。申込みの後、企業のご担当者からメールアドレスと指名のリストを頂き、皆さんのメールアドレスにID/PASSを発行します。「企業研修のお問合せ」からお問合せください

Q.動画の視聴環境は何ですか?
A.株式会社アントレプレナーファクトリーが持つLMS(学習管理システム)です。PC・スマホ・タブレット等マルチデバイスで視聴可能です。

Q.自社のラーニングマネジメントシステム(LMS)に導入することはできますか?
A.自社LMSへの導入はお問合せください。

Q.1つのIDで複数名使うことは可能ですか?
A.IDの使い回し、第三者への譲渡・貸与は禁止です。チームや社内で利用する場合は1人1IDの付与となります。

ご質問・ご相談等、お気軽にお問合せください

導入方法の設計やご不明な点、効果的ない利用法など、お気軽にお問合せください。
専門スタッフが詳しくご説明いたします。