fbpx

40代・50代からの「能力の成長」

視聴可能コンテンツ一覧

動画対談コンテンツ

Ⅰ.能力の成長

1.器の成長
2.能力の成長
3.「人生の正午」という考え方
4.40代・50代のさらなる成長

Ⅱ.発達の網

5.ダイナミックスキル理論
6.発達の網
7.サブ能力
8.これまでのスキルの網(棚卸)
9.これからのスキルの網(ビジョン)

Ⅲ.能力の依存性

10 環境依存
11 課題依存
12 能力の変動性
13 感情の影響
14 ベストパフォーマンス時の依存

Ⅳ.発達範囲

15. 最適レベルと機能レベル
16.発達範囲の拡張性
17.サポートが無い状態での能力発揮
18.他者を最適レベルに引き上げる方法

V.振り返りのサポート

19.能力を伸ばす上での注意点
20.エネルギーレベルの高め方(1)
21.エネルギーレベルの高め方(2)
22.「最適レベルの発揮」の振り返り方
23.ノード
24.ネットワーク的成長
25.フラクタル
26.ノイズ
27.複雑性科学(1)
28.複雑性科学(2)

Ⅵ.能力の特定

29.起業家・経営者という存在
30.起業家に必要な能力
31.起業家における能力とサブ能力(1)
32.起業家における能力とサブ能力(2)
33.能力の活かし方
34.能力を把握する方法(1)
35.能力を把握する方法(2)

Ⅶ.能力を伸ばす

36.経験から学ぶ力
37.能力の抽象化と再現性(1)
38.能力の抽象化と再現性(2)
39.能力の抽象化と再現性(3)
40.支援を受ける力(1)
41.支援を受ける力(2)
42.計画立案-ニューウェルの三角形-(1)
43.計画立案-ニューウェルの三角形-(2)

Ⅷ.特有の課題

44.人と組織の扱い方(1)
45.人と組織の扱い方(2)
46.人と組織の扱い方(3)
47.発達志向型組織
48.お金のプレッシャー
49.起業家の孤独感
50.学習範囲の広さ

音声動画コンテンツ

Ⅰ.イントロダクション

1.音声教材の構成
2.音声教材の活用方法

Ⅱ.知性発達科学と成長モデル

3.知性発達科学とは何か?その歴史と誕生秘話
4.複雑性科学とは何か?知性発達科学との関連より
5.子供の成長と大人の成長の共通点と相違点
6.人の「器」とは?成人発達理論の観点より
7.ロバート・キーガンの「器」の成長モデル
8.「器」の成長モデルだけでは説明できない事柄
9.ビル・トーバートの成長モデル「アクションロジック(行動論理)」について
10.スザンヌ・クック=グロイターの自我発達理論について
11.器の成長と能力の成長を表すメタファー
12.能力の成長プロセスを理解し実践することの大切さ
13.【実践トレーニング】伸ばしたい能力を特定してみよう!

Ⅲ.能力の依存性

14.能力の非線形的発達とは?
15.「発達の網の目」とは?
16.「発達ライン」とは?
17.「スキル」という言葉の注意点
18.能力の「環境依存性」とは?
19.【実践トレーニング】伸ばしたい能力はどのような環境下で発揮されるものなのかを特定してみよう!
20.能力の「課題依存性」とは?
21.【実践トレーニング】伸ばしたい能力と紐づいている課題の種類や性質を特定してみよう!
22.「垂直的な溝」「水平的な溝」とは?
23.能力の「変動性」とは?
24.能力の変動性を所与のものとして考えることの大切さ
25.3種類の変動性
26.変動性の種類に自覚になることの大切さ
27.【実践トレーニング】変動性の種類に自覚的になって実践を見直してみよう!
28.「サブ能力」とは?
29.【実践トレーニング】サブ能力を特定してみよう!
30.「最適レベル」と「機能レベル」とは?
31.「発達範囲」とは?
32.なぜ年を取ると発達範囲が拡大するのか?

Ⅳ.能力の成長プロセス

33.「マクロ」「メソ」「ミクロ」な成長とは?
34.「フラクタルな能力の成長(点・線・面・立体の成長サイクル)」とは?
35.【実践トレーニング】「点・線・面・立体の成長サイクル」の考え方を活用して、今の自分の能力の現在地を確認してみよう!
36.能力の「ネットワーク的成長」とは?
37.能力のネットワークを構成する「ノード」について
38.能力の「質的な成長」と「量的な成長」
39.能力の成長に関する5つの法則の概略
40.第一法則「統合化」について
41.第二法則「複合化」について
42.第三法則「焦点化」について
43.第四法則「代用化」について
44.第五法則「差異化」について
45.「差異化」と「分離化」の違いとは?
46.【実践トレーニング】5つの法則を自分の言葉で説明し、新たな実践案を考えてみよう!

Ⅴ.能力レベルを知る

47.能力のレベルとは?
48.自他の能力レベルを知ることの意義
49.能力の5つの階層とは?
50.反射階層の補足
51.感覚運動階層の補足
52.表象階層の補足
53.抽象階層の補足
54.原理階層の補足
55.(小咄)原理階層の隠れた力
56.5つの能力階層と「点・線・面・立体」の成長サイクルとの関係
57.(小咄)原理階層の「点」を超えた能力を発揮する人たち
58.レベル6「単一表象レベル」
59.レベル7「表象配置レベル」
60.レベル8「表象システムレベル」
61.レベル9「単一抽象レベル」
62.単一抽象レベルに関する補足
63.レベル10「抽象配置レベル」
64.レベル11「抽象システムレベル」
65.レベル12「単一原理レベル」
66.(小咄)レベル12よりもさらに発達した知性レベル
67.言葉の力を高め、思考の次元を高めることの大切さ
68.持論を形成することの大切さ
69.持論形成に大切な2つの事柄
70.持論形成に向けた言語化トレーニングの勧め
71.リフレクションジャーナルを執筆し、気づきや学びを可視化することの意義と効果
72.【実践トレーニング】自分が高めたいと思う能力の現在地を把握してみよう!
73.(小咄)能力の現在地を把握し、それをもとにトレーニングを提供するレクティカの試み
74.プロフェッショナルに求められる能力レベル
75.プロフェッショナルに求められる能力レベルに到達するには
76.発達理論をもとにした能力測定:発話構造に着目したアセスメント

Ⅵ.能力の成長における問題点と改善法の発見

77.様々な種類の能力測定手法
78.能力開発におけるアセスメントの重要性
79.能力測定の具体的な活用事例
80.発達理論をもとにした能力測定手法を学べる場所や教材について
81.能力開発の際に重要な「生態学的妥当性」とは?
82.【実践トレーニング】生態学的妥当性を意識した実践をしてみよう!
83.能力の多様性を考慮に入れたエグゼクティブや起業家の能力開発
84.「ニューウェルの三角形」とは?
85.「人」に関する制約条件
86.「課題」に関する制約条件
87.「環境」に関する制約条件
88.【実践トレーニング】ニューウェルの三角形を用いてトレーニングをブラッシュアップしてみよう!
89.3種類のノイズを考慮したトレーニング
90.【実践トレーニング】3種類のノイズを考慮してトレーニングをブラッシュアップしてみよう!
91.熟成させること・待つことの大切さ
92. 「最近接発達領域」とは?
93.「最近接発達領域」の実践への応用に向けて
94.支援を与えることと支援を求めることの大切さ
95.継続的な成長に向けて
96.【実践トレーニング】最近接発達領域の考え方を他者の成長支援に応用してみよう!
97.一人になる時間を確保することの大切さ
98.「スキャフォールディング」とは?
99.成長支援において重要な間接的スキャフォールディングの具体例
100.普段の何気ないコミュニケーションの中で活用できる間接的スキャフォールディングの具体例

Ⅶ.メディテーションの活用方法

101.メディテーションがもたらす能力開発への効果
102.メディテーションを能力開発へ活用する際の注意点
103.メディテーションが自我(人間としての器)の発達に影響を与えるメカニズム
104.フロー状態とは?
105.フロー状態への入り方
106.他者の成長支援にフロー状態を活用する方法
107.能力開発に重要な役割を果たすリフレクションについて
108.リフレクションが自己成長につながらない理由とその解決方法
109.内省的観察と抽象的概念化の深め方
110.自己成長につながるリフレクションを行うために大切なこと
111.成長サイクル及び成長法則を活用したリフレクション実践
112.システム思考のレベルについて
113.真のシステム思考に向けて
114.【実践トレーニング】一連の音声ファイルを自分の言葉でリフレクションしてみよう!

Ⅷ.振り返りと今後の実践について

115. 【まとめ】さらなる成長を実現する学習と実践に向けて