企業内研修において、受講者メリットを提示してあげる方法

大人の学びには、メリットが必要です。

受講生が、この研修の内容をしっかりとマスターした暁に得ることができるメリットを最初に提示ましょう。

研修の取り組み方や姿勢が一段と良くなります。

受講生の具体的なメリットは、 ①痛みの取り除く ➁成績の計上 ③スピードが速くなる の3パターンです。

 

①痛みの取り除く

困りごと、課題が、具体的になくります。 クリライアントの前で、最初に何を話していいか分からない方もいると思いますが、この研修を学ぶと、クライアントの一言から会話が広がり、無理なくその場を温めることができます。 など、困りごと・悩み・課題が解決するというメリットを提示します。

②成績の計上

営業目標やKPIが達成できます。という内容です。これは分かりやすいと思いますが、論理が整っていることが重要です。 今からの勉強会で紹介するツールを使うと、見込顧客のフォローが楽になり、訪問件数があがり、営業目標により楽に到達することができます。などがあげられます。

③スピードが速くなる

今日の研修で、皆さんの知識を再確認したいただくことで、理解や判断のスピードが速くなります。 など、学びによってスピードがあがるというメリットを提示します。

 

研修のメリットを具体的に伝えることは、当日にその場で考えるのは難しいので、事前にしっかりと決めておきましょう。

動画コンテンツで記事の内容をおさらいしたい方はこちら(無料会員登録で視聴できます)。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目