fbpx

労務管理を動画で学ぶメリットとおすすめ動画コンテンツ

労務管理と動画

2019年4月から「働き方改革関連法」が施行されました。
それに伴い、労務管理もアップデートしていく必要があります。

しかし労務管理はそもそも簡単には学べない分野。
内容面の難しさもさることながら、その正確性やアップデート性が大事になってきます。

かつてなら本屋に行き、テキストを買ってきて、何週間もかけて必死に勉強していたでしょうか。
講師を探して研修を実施していたかもしれません。

しかし最近は企業内教育に新たな波がやってきました。

鍵となるのは「動画」です。

動画で労務管理が学べるとしたら、どうしますか?

労務管理を学ぶ上での悩み

正しい法律を勉強する場がない

法律の勉強は難しいものです。テキストを呼んで理解していた気になっていても現実のケースには対応できなかったりします。

リクナビの件で問題になっていた「個人情報の利用」についても意外と線引が曖昧で、「自社のサービスは大丈夫か」という問い合わせが増えているようです。

正しい法律を勉強するには専門家に支えられた環境が必要となります。

教材が最新版かどうか心配である

法律は次々に更新されていくものです。
2019年4月から「働き方改革関連法」が順番に施行されています・

労務管理は本業に直接関わる部分ではないため、後回しにされがちです。
あなたの会社が使っている教材はいつのものでしょう?

今の法律に対応できているでしょうか?

必要な社員全員に学んでもらうのが難しい

労務管理の研修は大変です。
労務管理の知識が必要な全員に一律に学んでもらうのはさらに大変です。

特に担当者がいろいろな地域に散っているような企業であればその大変さはより大きなものになるでしょう。

これらの悩みに対処する一つの選択肢が「動画」を使うことです。

労務管理を動画(サービス)で学ぶメリット

労務管理を動画(サービス)で学ぶことにはどのようなメリットがあるでしょうか?

動画で「わかりやすく」学べる

動画は一度つくってしまえば何度も視聴可能です。
つまり「最高の講師」を分身させることができます。

研修だとそうはいきません。毎回講師が必要になりますし、講師によって質もバラバラになります。

全員に対して「わかりやすく高品質な」内容を提供できるのが動画で労務管理を学ぶメリットです。

動画で「どこでも」学べる

スマホたタブレットが普及した現代。
動画はどこでも視聴可能です。

マイクロラーニング(5分程度の小さい単位に分けられた学習スタイル)に対応した動画を使えば「いつでも、どこでも」学ぶことができます。

動画で「最新情報」を学べる

サービスで提供されている動画を使っていれば、対応すべき法律の改正があった場合、コンテンツを更新してくれます。
テキストを使っている場合は、自分たちで新しくしなければなりません。

このあたりの苦労をショートカットできるのも魅力です。

労務管理を動画で提供している「enfac労務管理」

ここで労務管理を動画で学べる自社サービスを一つ紹介しておきます。

サービス名は「enfac労務管理」です。

その特徴は4つあります。
順番に見ていきましょう。

特徴① 9カテゴリーで体系立てられた動画

「enfac労務管理」労務管理のサイン新情報を9つのカテゴリーに分けて解説しています。
動画本数は現在72本にのぼります。

カテゴリーは、①労務管理の全体像、②雇用管理、③労務管理の労働時間、④給与、⑤休暇、⑥保険、⑦衛生管理、⑧新しい労務管理、⑨就業規則・規定の9つです。

特徴② 社労士による丁寧な解説

「enfac労務管理」のコンテンツは多くの経営者にアドバイスを行ってきた社会保険労務士によって提供されています。経験豊富な専門家による講義が動画の利点を活かすことでさらにわかりやすくなっているのが魅力です。

特徴③ 約5分で学べるマイクロラーニング

「enfac労務管理」の動画は1本辺り約5分で構成されています。
まとまった時間が取れなくてもスキマ時間で、専門家による講義を受ける事ができるのです。

特徴④ 教育が必要な方全員に実施可能

オンラインで5分のマイクロラーニングが提供されている「enfac労務管理」。
その特徴を活かせば、忙しいマネージャーや地方の管理職の方にも労務管理の学習環境を提供することが可能になります。

「enfac労務管理」は動画学習の魅力を最大限に活かして労務管理を学習することができるコンテンツです。
7日間の無料体験もあるので、まずは体験してみましょう。

「enfac労務管理」7日間無料体験はこちらから

労務管理を動画で学ぼう

これまで以上に労務管理が大事になってきます。
いくら本業で成果を上げていても、労務管理がずさんな企業は不適切とされていくでしょう。

当然ながら採用や離職率にも関わってきます。
人材不足が叫ばれる現代日本でビジネスを続けていくのなら、労務管理をしっかりと学んでおく必要があります。

まずは、労務管理を学ぶ上での種々の問題を解決したコンテンツ「enfac労務管理」を試してみてはいかがでしょうか?

 

「enfac労務管理」はこちらから