アントレプレナーファクトリー

【読書会アーカイブお申込みページ】
文明学と成人発達理論
〜文明の治癒と変容に向けた成人発達理論の意義の再考〜

『疲労社会(Müdigkeitsgesellschaft)』(2010)が20カ国以上で翻訳出版されているなど、ドイツの哲学者ビョンチョル・ハンが今世界から大変注目を集めています。日本でも2021年10月にハン氏の主著である『疲労社会』『透明社会』が出版され、これから認知が広がっていくことが予想されています。
今回は、知性発達学者の加藤洋平さんと共に、ビョンチョル・ハンの書籍『疲労社会』と『透明社会』を題材に、私たちが築き上げてきた文明の治癒と変容に向けた成人発達理論の意義を再考する読書会を開催しました。
加藤さんと共に、ハン氏の言説である「透明性」を強力に推進する社会とハイパー消費主義などの社会を疲弊させる要因に対して、成人発達理論からはどのようなアプローチができるのか皆さんと共に考えていった読書会です。

下記フォームより、無料でアーカイブをご覧いただけます。ぜひお申込みください。